トップ >  せどりの基本 > 

古本の仕入れと利益

せどりのど素人の頃の仕入れは、
ビギナーズラックもあってか、
1冊1,000円以内で仕入れた本が、1万円前後で売れるということが、
続けて起こりました。

 

それに味をしめてか、
とりあえず、ひと月に最低10万円の利益を得るためには、

1冊売って、1,000円の利益の出る本を100冊売るよりも、
1冊売って、1万円の利益が出る本を10冊売った方が簡単じゃん!

という考え仕入れを行っていました。

 

この仕入れの考え方は、
今振り返っても、悪くなかったと思っています。

そのおかげで、
1冊売って、1万円の利益が出る本を、
ひと月に10冊までとはいきませんでしたが、
必ず2~3冊は仕入れることができていました。

 

何より、サヤが抜ければ抜けるほど、
楽しいんです。

100円で仕入れた本が、
12,000円で売れた時の感動は、
そう忘れられるものではありませんから。^^

 

アマゾンだとこうはいかないのですが、
ヤフオクはこういう次元のことが起こり得るんですよね。

 

せどりの仕入れ方法は、
他にも、洋書せどり、電脳せどりなど、
いろいろな仕入れの方法があります。

スポンサード リンク

 

 

【せどりの基本】の記事一覧

ぼくがせどりを始めた理由

せどり初心者のノウハウについて

どんな方にせどりを始めてもらいたいか?

初心者からせどりを始めたよ。

ど素人時代の仕入れ方法

アマゾンのせどりにはいつ参入したか?

古本の仕入れと利益

せどり高額本リスト

せどりのマインドをもう一度考えてみよう!

[ せどり 初心者のノウハウ ]

せどりの基本

せどりの基本として、私が始めた頃に考えたこと、悩んだことなどを書いています。