トップ >  せどりの基本 > 

アマゾンのせどりにはいつ参入したか?

アマゾンのせどりの初心者だった頃、
どんなことを考えていたのか?や
どういう壁にぶち当たったか?を
つらつらと書いています。

これからせどりを始める方のお役に立てればと思っています。(第3回目:アマゾンについて)

 

せどりを行う場所で一番大きなものとして、
ヤフーオークション
アマゾンマーケットプレイス

があります。

とりあえずは、他は考えなくて良いと思います。^^
なぜなら、上のふたつが一番人が集まるところだからです。

 

ですが、最初の頃の悩んだこととして、
毎月4,900円も使用料がかかる「アマゾンマーケットプレイス」を
やるかどうか?がありました。

 

もちろん、アマゾンマーケットプレイスは毎月の使用料なしでも
利用できるのですが、月4,900円の使用料のかかるプロマーチャント契約なしでは、
本が売れるたびに100円の使用料をアマゾンに支払うことになります。

これだと、ただでさえ販売額の15%も取られるのに、
さらに100円が必要になり、利益的には厳しくなってしまうのです。

 

つまり、アマゾンマーケットプレイスの
プロマーチャント契約料を毎月4,900円払うならば、
月に49冊以上売らないと意味がありません。

ということは、アマゾンマーケットプレイスの参入時期は、
月に49冊以上の仕入れができるくらいの力を持った時。
とも言い換えられます。

月に49冊以上の売れる力を持った時だと、
もっと良いですね。^^

 

自分の場合は、
まずはヤフオクのやり方をマスターしてから!
という気持ちもあり、せどりを始めて2ヶ月弱ほどの頃に、
アマゾンマーケットプレイスにも参入しました。

その頃には、ヤフオクでの収入もあり、
初期費用も回収できていましたし、
仕入れについても、ある程度、慣れたこともあって、
勇気を持って、アマゾンにも参入できるようになっていました。

スポンサード リンク

 

 

【せどりの基本】の記事一覧

ぼくがせどりを始めた理由

せどり初心者のノウハウについて

どんな方にせどりを始めてもらいたいか?

初心者からせどりを始めたよ。

ど素人時代の仕入れ方法

アマゾンのせどりにはいつ参入したか?

古本の仕入れと利益

せどり高額本リスト

せどりのマインドをもう一度考えてみよう!

[ せどり 初心者のノウハウ ]

せどりの基本

せどりの基本として、私が始めた頃に考えたこと、悩んだことなどを書いています。